スーパーの日記

両備プラッツスタッフによる
お気楽なブログです。
なるべく食べ物中心でいきます。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

自転車ブーム到来!

 

この春のチネリ以降・・・・?

どうも気になるのが自転車。




ここ数年自転車がちょっとしたブームなのは知っていました。

でも、自分も興味を持つとは思いも寄らぬ!・・・であります。




チネリは、イターリャの名門ですが

ここ日本にもいいバイクはあります。







真っ赤? ロッソフェラーリを思わせるレッド!その姿は正に跳ね馬か?

安全確保の反射板は大きく、よく見える場所に。

流石!!抜かりはない。















例えば、フェラーリのスピードにも十分耐えられる性能?をもつ

OGKのグリップ!

自動車でいえば、ステアリングだ。










グリップとともに本革そっくりに作られたサドル!

長時間のドライヴでも疲れ知らず。

こんなところにも、本物を匂わすアクセントがちりばめられている。

もちろん、本革ではなくビニール製。突然の降雨でも安心そのもの。

耐久性がバツグンなのはご承知のとおり。















もちろん、安全面にも抜かりはありません。

フェラーリのスピードでも、制動距離は最短!

しかも、安心して止まれます。

ブレンボ・・・とは言いませんが・・・!











心臓部!

エネルギーを効率良く伝えるにはペダルが重要です。

強度を十分もたした、鉄製は安心感がある。






















その名は・・・


HACCHI




ブリジストン・ハッチ

ただ今、こいつに夢中です!




OUTDOOR | permalink | - | -

極寒はホントだった!





天気予報を見ると・・・・

極寒!・・・・

どうしよう! どうしよう!




と思いながらの参戦は、いつもの場所。



新見市街地を過ぎて・・・・
千屋ダムのあたりからは雪景色に。






これはヤバイ!と感じながら・・・・
道路わきにある、気温表示で−2℃とか出てるし・・・


あっさり、撃沈!!







冬の山は・・・・降らんといけんし!降りすぎてもおえん!難しい!












先日開催されました

第一回スーパーマーケット
 お弁当・お惣菜大賞

にて両備ストアのあの商品が受賞しましたよ!

その商品のご紹介はまた次回としまして・・・




その仲間が登場!!

笠岡ラーメン


豚骨と魚介スープ、それにかしわ肉がお決まり!
ちょっと濃いめのスープなので、ビールにも合うよ!
がタップリ!




寒い日には、コッチがいいよ!
OUTDOOR | permalink | - | -

吉備の中山 てくてく道中 最終回

 いよいよ、今回で最終回の予定。
そもそも何故こんなに長くなったのか?というと・・・・・
写真があるからこうなった!というわけでござる。パチ
パチ撮ってしまうと・・・・見せたくなる勝手なことでした。





■吉備津神社


岡山では有名な神社。もちろん何で有名なかはご存知の
とおり・・・・桃太郎伝説!

ここでもかの木堂公の筆による石柱があります。木堂公の
字はなんか癖(?失礼)があって大好きなんです。だって、
「 あっ!これ木堂じゃな〜! 」 ってすぐわかるから。





ここの階段も結構急で手摺につかまって?上ります。




国宝本殿拝殿

詳しくは、吉備津神社のHPへ

http://kibitujinja.com/







写真には撮ってないのですが・・・ここの自動販売?おみくじ
は英語や中国語?などかわったおみくじがあるのですよ!




数年ぶりに訪れて初めて見つけたのがコレなんです。赤い
ポスト! 郵便ポスト!  境内にあるんです。これにはビッ
クリしました。しかもこの場所にね。
※この場所とは・・・・廻廊から「 お釜殿 」への間です。







ここでは鳴釜神事が・・・・・

そうなんです!ここのお釜の下には・・・桃太郎に退治さ
れた鬼が眠っているのです。

毎夜毎夜、唸り続け温羅の首が・・・・・・・・






お疲れ様でした。ここでほぼ約3時間でした。早くもなく、
遅くもなくくらいの進み具合だったでしょうか。しかし、歩く
のは楽しいです。

※ここ吉備津神社はまた訪れる予定があるので再度!?





歩いた後のお楽しみはお昼です。自動車だったのでお酒
は呑めませんが・・・・岡山にあるお蕎麦屋さんへ直行!





  ・・・吉備の中山・・・完





■そば処 水谷


せいろで頂きました。歩いたあとは気持がいいので・・・・
大盛りでお願いします!・・・が、無いとのことなので・・・
せいろX2 をオーダーしました。写真では白っぽくてよく
わかりませんが、白いです!超細麺で蕎麦の味がのど
を通るたびにしみてきます。





今日は、プラッツで和蕎麦を買って帰ろ〜うと!
やっぱ、美味しく食べるコツは、茹で時間と冷たい流水でよく
洗うことですよね。それと、切り立ての葱がいい。
楽しみになってきました。

「せいろ」には「冷酒」ですな!



OUTDOOR | permalink | - | -

吉備の中山 てくてく道中 その3

 

その3 はいよいよ 備前一宮でござる!
今回の旅?は備中と備前をまたぐ旅にござる。




■備前一宮吉備津彦神社


この吉備津彦神社と吉備津神社の違いがなんなのか?
考えもしなかったのですが、これを機に調べるとですね
わかりました。でもここでは省略します。



鳥居を潜って境内に入ると・・・・ちっちゃな茶屋らしき建
物がめにつきました。すでに2時間ほど歩いている私と
しては喉の渇きを癒したいところで、迷わずおじゃましま
した。





団子とアイスコーヒーでほっと寛ぎました。
この団子の商品名は?忘れましたがきび団子でしょう!
1本だけ注文したので、あっ!とい間もありません。旨か
ったでござる。


桃太郎になった気分に!





備前一宮吉備津彦神社

てくてく道中 その2 の最後にあったこの写真がこの場所
になるわけです。



日本一の大燈籠は、対になってござる。





本殿〜拝殿まで、奥行きを感じさせますな。





この吉備津彦神社の最寄駅は・・・JR吉備線備前一宮!
神社のすぐ北側に見えていますから。


私は、次なる目的地である 鼻ぐり塚 へ徒歩で進みます。
10分ほど行くと道路わきに看板が見えてきます。







ここは、法団福田海(フクデンカイ)本部の創設とのこと。
この奥にはあるのです。






護摩料をお支払いして中へ





鼻ぐり塚へ行く前に・・・・・・

驚きの!!






この天井の網の中にあるものは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


瑞龍   作:左甚五郎






甚五郎ですぞ!







奥のほうにあるのが、おそらく全国でも珍しい・・・・・・

■鼻ぐり塚





これを見ると・・・ちょっと言葉もなくしてしまう。   ・・・ん。





いよいよ、次回は最終でござる!






OUTDOOR | permalink | - | -

吉備の中山 てくてく道中 その2

その2

めざすは

■御陵


廻廊から山へ向けてすぐにこの背景となります。夏になれば蝉の

鳴き声も風流に感じそうな場所です。川の流れが心地よい風を頬

にはこんで来そうです。

で、この川が・・・・・


   まがねふく

   きびの中山おびにせる

   ほそたに川のをとのさやけさ




となる訳であります。この川に沿って登っていきます。でも大丈夫

道はキレイになっていてどなたでも歩きやすいです。


 




おそらく15分もゆっくり歩けば??自動車も通る道に出ます。そこ

から5分ほどで看板が見えます。そうそう、御陵です。残り200m

で御陵。道路から真直ぐの階段を登ります。簡単そうに見えて結構

キツイ。170段とのこと。上は開けていて・・・左手には御陵が見え

ます。










宮内庁の管理となっていて、これ以上前進することは叶いません。

が、横を見ると・・・土塁が左へ曲がっている!?

これに沿って進むと・・・・結構な距離があります。ず〜っと続くんで

す。土塁が。 立ち入り禁止区域内には小高い丘が二つあり、何や

ら古墳を匂わすのです。







だってここ御陵にある説明は・・・・・孝霊天皇皇子、吉備津彦命と

あるだけなんで・・・・・奥に古墳があるとは思いもよらぬこと。

ま〜なにも事前調査してなかったんですけどね。なにかしら看板

に説明があるとうれしいです。




鬼ノ城の 『 温羅 』 を退治した、吉備津彦命のお墓がここだった

んです。いままで、知りませんで・・・・・・・少しうれしい。







そこからあとは・・・・・・・・ごらんの岡山県吉備古代文化センターが

あり、県内から見つかった土器などが展示されています。






南東方面へはキレイな道沿いに下るのみ。途中、黒住さんがあった

りしながら気持ちよく歩けますよ!ただ、自動車には注意が必要で。




そこから、麓の道路を北へ向けて約30分!!これが疲れます。




やっと見えてきたのが、吉備津彦神社。ここは備前国一宮です。

ここには日本一の大灯篭があるんですよ!写真では大きさが伝

わらないのが残念ですが。









今日はこのへんで・・・・・・・・・続きはまたこんどお願いします。
OUTDOOR | permalink | - | -